夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » 夜泣き・かんむしとは

夜泣き・かんむしとは

Cry・Medicine

夜泣き、かんむしってなに?

育児の悩みで一番多いのは、お子さまの夜泣きとかんむし(ぐずり)です。

夜泣きとは?

赤ちゃんはお腹が空いたりオムツが濡れたり、暑かったり具合が悪いときなどに泣いて知らせますが、生後6ヶ月ごろから原因がわからずに夜突然泣き出し、なかなか中々泣き止まないことを夜泣きといいます。

かんむし(ぐずり)とは?

赤ちゃんや幼児が理由もなく不機嫌になってぐずることで、いまのお母様方はギャン泣きとも呼んでいるようです。

なぜ「かんむし」と言うのかというと、昔は病気になるのはすべて身体の中にいるいろいろな虫のせいだと思われており、子供がぐずるのは「かんの虫」という虫のせいだと思っていたからです。

夜泣き、かんむしの原因は?

成長の過程における心と身体のアンバランス、昼間の刺激やストレス睡眠サイクルの狂いなどから、自律神経のバランスが崩れることによって起きると言われています。

(睡眠の重要性)
人間が健康でいるためには、脳を休めたり、自律神経を安定させたり、免疫力を高めるために良質な睡眠が不可欠です。でも、赤ちゃんの夜泣きが続くと、赤ちゃんも、そばにいるご両親も良質な睡眠が得られません。夜泣き対策はいろいろありますが、その場しのぎではなく、根本から夜泣きを改善することが大切です。

(かんむしと幼児のストレス)
むかしからあるかんむしと、現代病のストレスは、不眠・イライラ・不機嫌など、症状が似通っており、原因も自律神経のアンバラスと言われ共通しています。

夜泣き·かんむしによく効くお薬です

宇津救命丸は生薬だけで作られており、おだやかな自律神経の安定作用で徐々にお子さまの高ぶった神経を落ち着かせ、体質を強壮にして体調を整えるお薬です。
「小さなお子様に薬を飲ませるのは心配」と言われる方もいらっしゃいますが、宇津救命丸は合成薬や精神安定剤・や睡眠薬ではありません。
宇津救命丸は、400年以上もまえから沢山のお子様に飲まれてきたお薬です。

夜泣きは赤ちゃんが成長すれば自然に治まりますが、その間はお父さんもお母さんも大変です。特に、赤ちゃんと過ごす時間の長いお母さんには辛いですよね。
そんなとき・・・やさしい「宇津救命丸」をぜひ飲ませてください。

幼児のイライラ・ストレスにも効果があります

お子様が保育園や幼稚園、小学校に入学すると、新しい環境に戸惑い、ストレスが高まって、イライラしたり落ち着きがなくなったりします。そんなときは、宇津救命丸ゴールド(金粒)が効果的です。