夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » 宇津救命丸について

宇津救命丸について

about us

宇津救命丸はこんなお薬です。

  • POINT1

    厳選した8種類の生薬を配合

    乳幼児のデリケートで特異な体質に適した8種類の生薬を厳選して配合。原料は採れた姿で入荷し、自社工場で洗浄・粉砕しています。

  • POINT2

    高い安全性と有効性

    乳幼児の服用する薬として作用がおだやかなことはもちろん、その安全性と有効性は、長い歴史の実績と、科学的検証で証明されています。

  • POINT3

    おだやかな作用

    自然の生薬だけを配合しているので、1回服用しただけで治るような即効性はありませんが、続けて服用することによりおだやかに効き目をあらわします。宇津救命丸は、デリケートな赤ちゃんのためのやさしいお薬です。

  • POINT4

    対抗性がないので長期服用が可能

    続けて服用しても効果の低下や対抗性がないので、一カ月以上でも服用できます。

  • POINT5

    服用しやすい

    直径2mmの小さな丸剤ですから、生後3ヵ月の小さな乳児でも無理なく服用できます。

  • POINT6

    幅広い服用年令

    生後3ヶ月の乳児から15才未満の小児まで幅広くお使いいただけます。

  • POINT7

    全てが天然由来

    保存性の高い銀箔で成分をコーティングすることにより、合成の保存剤や安定剤は使っていません。

  • POINT8

    精神安定剤や催眠薬ではありません。

    生薬による穏やかな神経の安定作用や鎮静作用はありますが、医療用の精神安定剤や催眠薬とは根本的に違います。

  • POINT9

    ほかのお薬と併用できます

    成分の似ている漢方薬や生薬製剤以外、ほとんどのお薬と併用できます。

心と身体のバランスや体調を整えます。

人が健康でいるために、欠かせないのが自律神経のバランスです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、そのバランスが崩れると精神的に不安定になったり体調が崩れたり、免疫力が落ちてきます。赤ちゃんの夜泣きやかんむしは、その自律神経のアンバランスが原因といわれています。
宇津救命丸は、8種類の生薬がおだやかに自律神経を安定にし、体質を強壮にして、夜泣き・かんむし・胃腸障害などの症状を緩和します。生薬だけでできたおだやかな効き目・・・
まずは1週間飲ませてみてください。

  • 宇津救命丸はなぜ多くの症状に効果があるの?
  • 生薬成分の総合的な作用によって自律神経を安定にし、体質を強壮にして抵抗力を高め、過敏になった神経を抑えることによって、お子さま特異の症状に効果を現すからです。
  • 長く続けて服用させてもいいの?
  • 宇津救命丸の作用はおだやかなので、連用による薬効の低下や薬に対する耐性の心配はありません。夜泣きやかんむし、胃腸虚弱には、必ず1日3回で1ヶ月程度を目処に服用されることをお勧めします。
  • 何日位服用すれば効果があるの?
  • 宇津救命丸は徐々に効果をあらわすので、ひきつけ・下痢・消化不良・乳はきには2~3日、夜泣き、かんむし、食欲不振、胃腸虚弱等などの体質的な症状には1週間から1カ月を目安に少し長く続けて服用してみてください。
  • 普段から飲ませても大丈夫?
  • 体が弱かったり疳(かん)が強かったり、胃腸の弱いお子さまでしたら、服用することによって体質を強壮にし、病気にかかりにくい丈夫な体にすることができます。
  • 副作用、習慣性が心配。
  • デリケートな赤ちゃんに合うようにつくられたお薬ですから、用法・用量を守って服用いただければ、副作用や習慣性などの心配はありません。
  • 宇津救命丸を他の薬と併用してもいいの?
  • 成分の似ている漢方薬や生薬製剤以外、ほとんどの薬と併用可能ですが、念のため弊社お客様相談室、または販売店の薬剤師、登録販売者にご相談下さい。
  • 銀粒・金粒の上手な飲ませ方は?
  • お水で飲めない小さなお子さまには、ちょっとしたアイデアで上手に飲ませることが出来ます。各製品の情報をご覧ください。
  • 宇津救命丸を誤飲してしまったら?
  • 宇津救命丸は長い経験によって安全性が確かめられておりますので、誤飲による心配はまずなく、特別な処置(胃洗浄など)も必要ありません。ただ、なるべく早く体外に排出するため、念のためにいつもより少し多めの水分やミルクを飲ませて、できれば しばらく安静にしてあげてください。’詳しくは、弊社お客様相談室にご相談ください。電話番号 : 03-3295-2681
  • 宇津救命丸は病院で出す薬と違うの?
  • 宇津救命丸は病院で処方する新薬・合成薬(精神安定剤・睡眠剤など)とは違います。夜泣きやかんむしの効能があるのは宇津救命丸などの小児五疳薬だけで、400年もむかしからある、生薬だけ作用のおだやかなお薬ですお薬です。
  • 宇津救命丸4種類の違いは?
  • 宇津救命丸(銀粒)は、むかしからあるスタンダードなお薬です。
    宇津救命丸金粒は、宇津救命丸(銀粒)の主成分を増量し、幼児に適した、より効果の高いお薬です。
    宇津救命丸ゴールドは、宇津救命丸金粒と内容が同じで、コンセプトを幼児のストレスに変えたものです。
    宇津救命丸糖衣は、苦みの苦手なお子様用で、砂糖でコーティングしています。